何らかの症状があるからといって、その全てが乳癌であるとは限りません。

「わたし癌かもしれない・・・」

毎日心配しながら過ごすよりも、早めにその症状について診断し、原因を知りましょう。

当科では、まず “問診” を行い、次に “視触診” 、そして “検査” を行います。

当科での検査方法をご紹介いたします。

検査法には以下のように様々なものがあります。

画像検査

マンモグラフィーなどを用いた、画像検による診断方法です。

詳しく見る

生検組織診断

細胞を吸引あるいは組織の一部を切除し、病理学的に良性か悪性かを判断します。

詳しく見る

病理検査

現在準備中です。