乳房内のしこりやリンパ説の細胞を吸引あるいは組織の一部を切除し、病理学的に良性か悪性かを判断します。

吸引細胞診

しこりやリンパ節に注射針を刺し、吸引して細胞を取り、スライドガラスに吹き付けて顕微鏡で観察します。細い針を用いるため痛みや出血は少ないですが、とれる細胞の量が少ないため情報量が少ないです。

悪性であった場合は針生検を追加することがあります。

針生検(コアニードル生検)

吸引細胞診より太い針を用います。生検する場所の周囲に局所麻酔を行い。エコーで病変を確認しながら針で複数回刺し、組織の一部を採取します。

採取した組織はホルマリンで固定し、顕微鏡で観察します。

吸引組織生検

針生検よりも少し太い針で、専用の機械を用いて吸引しながら組織を採取する方法です。局所麻酔後にエコーで病変を確認しながら針を刺し。吸引をかけながら針で組織を一部切除して採取します。

ホルマリン固定して顕微鏡で観察します。針生検よりも太い針を用いるため、検査から得られる情報量が多いです。

針生検、吸引組織生検ともに検査後の出血や皮下血腫が起こる場合があります。出血を防ぐため、検査後は十分に圧迫します。