当科では以下の画像診断方法で診断を行っております。

マンモグラフィー

当院は日本乳がん検診制度管理中央機構(精中委)の施設認定(A)を受けており、精中機構の技術講習会を受講した女性放射線技師が撮像しております。

2014年より、トモシンセシスが撮影可能なデジタルモンモグラフィーを導入しました。これにより、高濃度乳房の方でも病変を検出しやすくなりました。

乳房超音波

乳房超音波検査はエコー検査とも呼ばれ、乳房内の病変を確認するために行います。

超音波検査では、乳房内のしこりの形、大きさ、病変の広がりや腋窩リンパ節を確認します。

乳房MRI

乳房MRI検査は、乳がんの広がりの精査や、他の検査で診断困難な症例、術前薬物療法の効果判定、術後の再発精査、乳房インプラントの評価などで行います。

PET-CT、造営CT

乳がんの診断となった場合、乳房以外の全身に転移がないか確認するため、PET-CT検査を行うことがあります。

乳がん治療中の患者さんに対して、治療がよく効いているか、効果を確認するために造影CT検査を行う場合もあります。

※参照:京都大学附属病院放射線科