乳がんの手術は「乳房の手術」と「ワキのリンパ節の手術」の2つに分けて考えます。

それぞれの手術は、以下の内容の通りです。

※参照:日本乳癌学会患者さんのための乳癌診療ガイドライン

乳房全切除術

乳房をすべて切除します。通常は胸の筋肉(大胸筋など)は切除しませんが、癌が筋肉内まで広がっている場合は切除することもあります。

標準的には乳頭・乳輪も含めて切除しますが、がんの状況や乳房再建を行う場合は、乳頭・乳輪の温存を試みることもあります。

乳房部分切除術

乳房を部分的に切除しますが、切除するのは癌の周囲で乳房全体は切除せず、乳房自体は温存します。

部分切除の場合は、残存する乳房に放射線治療を行うことによって、乳房全切除術と治療効果がほぼ同等となります。

腋窩リンパ節郭清/センチネルリンパ節生検

乳房内の癌細胞が、最初に転移するリンパ節のほとんどが「ワキのリンパ節(腋窩リンパ節)」です。

腋窩リンパ節の取り残しがないように、腋窩の脂肪も含めて切除することを腋窩リンパ節郭清と呼びます。

腋窩リンパ節郭清は、1990年代まで乳がんに対する標準療法として行われてきましたが、2000年代前半からは、より体に負担の少ない「センチネルリンパ節生検」が普及し始めました。

センチネルリンパ節とは、乳がんがリンパ管に転移し、ワキのリンパ節のうち最初にたどり着くリンパ節のことを指します。

病理検査でセンチネルリンパ節に転移がなければ、腋窩リンパ節郭清を省略できます。

当院ではRI法、蛍光法を用いてセンチネルシンパ節を同定し、センチネルリンパ節生検を行っております。

乳房再建

乳房再建とは、乳がん手術で乳房が変形・喪失した場合、あるいは予想される場合に人工物(シヂコンインプラント)もしくは自家組織(自分の体の一部)を用いて再建する方法です。

乳房を再建することで再発が増えたり、再発の診断に影響したりすることはありません。

京大病院では、日本オンコプラスティックサージャリー学会より乳房再建の実施施設認定を受けております。当院では乳房再建手術は形成外科が担当しております。

乳癌手術と同時に乳房再建を行う「一次再建」、乳がん手術と分けて乳房再建を行う「二次再建」があり、いずれも対応しております。

乳房再建を1回で行う「一期再建」、2回に分けて行う「二期再建」があり。それぞれ患者さんのご希望や手術の方法、術後放射線照射を行うかどうかを踏まえて検討しております。乳房再建を希望される方は主治医へご相談ください。

詳細については以下のサイトもご参照ください。
※参照:日本乳癌学会患者さんのための乳癌診療ガイドライン