乳腺外科医として活躍したい、医師・研究者を歓迎します。


当教室では、乳がん診療に関する最先端の知識や技術を習得したい、また乳がんの発生・進展機序や治療法などについて研究してみたい、新規技術の開発をしたいと考えている医師や研究者を歓迎します。

  • 乳腺外科研修プログラム
  • 専門医取得
  • 大学院

初期研修(2年間)を修了し、乳腺外科専門医になりたい方

後期研修プログラム (修練医として3年間研修)

「乳腺外科研修プログラム」は、京都大学外科専門研修プログラムに含む間れております。

プログラム期間の3年間で外科専門医取得に必要な症例を経験し、乳腺専門医取得にむけて経験を積むことができるプログラムとなっております。

京都大学外科専門研修プログラムに関する詳しい情報は、京都大学外科交流センターHPからご確認ください。

※参照:http://kyoto-u-sa.or.jp/program

乳腺診療を専門とする医師を目指す先生方

日本乳癌学会の専門医取得に必要な事項は以下の通りです。

  • 日本乳癌学会に5年以上会員として在籍し、乳癌学会認定医であること
  • 初期臨床研修終了後、認定施設(関連施設含む)において所定の修練カリキュラムにしたが
    い通算5年以上の修練を行っていること。(2004年以降の医師免許取得者の場合)
  • 乳癌学会規定の研究および研修実績、診療経験を有すること

※参照:https://www.jbcs.gr.jp/modules/elearning/index.php?content_id=9

大学院について

当教室では、乳がんの発生や進展・転移という、生物学的な特性について分子生物学的研究を儂めると共に、個々の症例における特性の把握を通して予防や治療の最適化、個別化治療のためのシステム作りを目指した研究を進めています。

現在、当教室で行っている主な研究は以下の通りです。

  • 乳がん治療効果予測のためのバイオマーカーに関する研究
  • 個別化治療のための治療モニタリングシステムの開発
  • 一新規バイオマーカーを導入した乳がん診療アルゴ!Jズムの構築
  • 抗腫瘍薬の作用メカニズムに関する研究
  • 発がんメカニズムに関する研究
  • 一転移メカニズムに関する研究
  • 臨床研究
  • 化学療法の團作用と予防についての研究

詳しい研究内容は、以下をのリンクを参照ください。

※参照:https://www.brca.jp/breast-surgery/the-study/epidemiological-research/