根治的局所治療を受けて疾患の兆候のない、再発リスクが中間~高リスク又は高リスクのER+/HER2-早期乳癌患者を対象とし、術後薬物療法としての標準的な内分泌療法(アロマターゼ阻害薬又はタモキシフェン)とカミゼストラント(AZD9833、次世代の経口選択的エストロゲン受容体分解薬)の有効性及び安全性を比較検討する第III 相非盲検無作為化試験 (CAMBRIA-2)

関連記事

  1. 進行癌に対する全身療法が未治療のエストロゲン受容体陽性HER…

  2. 手術可能なトリプルネガティブ乳癌患者を対象とした、術後補助療…

  3. PD-L1 陰性で未治療の手術不能な局所進行又は転移性トリプ…

  4. PD-L1 陽性で未治療の手術不能な局所進行又は転移性トリプ…

  5. 1~2 ラインの化学療法歴のある手術不能又は転移性のホルモン…

  6. 根治的局所治療及び2年以上の標準的な術後内分泌療法を受けて再…