根治的局所治療及び2年以上の標準的な術後内分泌療法を受けて再発が認められていない、再発リスクが中間リスク又は高リスクのER+/HER2-早期乳癌患者を対象とし、標準的な内分泌療法(アロマターゼ阻害薬又はタモキシフェン)とcamizestrant(AZD9833、次世代の経口選択的エストロゲン受容体分解薬)の長期投与における有効性及び安全性を比較検討する第Ⅲ相非盲検無作為化試験(CAMBriA-1試験)

関連記事

  1. Programmed cell death protein …

  2. ホルモン受容体陽性(HR陽性)/ヒト上皮増殖因子受容体2陰性…

  3. 術前療法後に乳房あるいは腋窩リンパ節に浸潤性残存病変を有する…

  4. 進行癌に対する全身療法が未治療のエストロゲン受容体陽性HER…

  5. 日本人進行固形がん患者を対象としたSacituzumab G…

  6. HER2陽性の転移性乳癌に対する一次治療としてトラスツズマブ…