エストロゲン受容体陽性HER2陰性原発乳癌に対するS-1と内分泌療法の併用による術 後補助内分泌療法:ランダム化比較第Ⅲ相試験

ER陽性HER2陰性乳癌に対し、経ロフルオロピリミシンであるS-1と術後補助内分泌療法の併用が、術後補助内分泌療法単独よりも浸潤性病変の発症リスクを下げることが示されました。

※参照:https://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research-news/2021-01-25-0

関連記事

  1. プロジェクションマッピングを応用したリアルナビゲーションシス…

  2. 高分解能・高感度型乳腺用PETによる乳癌の診断

  3. 化学療法副作用と予防についての研究

  4. インドシアニングリーン(ICG)蛍光法を用いた乳癌におけるセ…

  5. トリプルネガティブの治療方法の開発

  6. 光超音波マンモグラフィ(PAM)の開発