プロジェクションマッピングを応用したリアルナビゲーションシステムによる乳がんセンチネルリンパ節生検

インドシアニングリーン(ICG)を用いた蛍光ナビゲーションシステムを使用する際、外科医は赤外線カメラで撮影した映像をモニター上で観察し、術野との間で視線移動する必要がありました。

また観察時は、無影灯を消して暗い術野の中で手術を行う必要があり、手術中のガイドとしては課題がありました。

京都大学とパナソニック株式会社AVCネットワークス社との共同開発により、「可視光投影装置:Medical Imaging Projection System (MIPS)」を開発され、2016年3月から2017年11月まで臨床試験を行ってきました。

その結果、MIPSはセンチネルリンパ節同定に有用であることが確認されました。

※参照:https://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news/2015-10-20-1

関連記事

  1. 化学療法副作用と予防についての研究

  2. 光超音波マンモグラフィ(PAM)の開発

  3. インドシアニングリーン(ICG)蛍光法を用いた乳癌におけるセ…

  4. エストロゲン受容体陽性HER2陰性原発乳癌に対するS-1と内…

  5. トリプルネガティブの治療方法の開発

  6. 高分解能・高感度型乳腺用PETによる乳癌の診断