光超音波マンモグラフィ(PAM)の開発

乳癌検診や診断には様々な検査方法が用いられますが、それぞれメリット・デメリットがあります。

マンモグラフィはスクリーニング(乳癌検診)による死亡率低減のエビデンスがありますが、若い方や乳腺濃度が高い女性では癌を見つけにくいです。

乳房超音波検査は、侵襲なく簡便に行えますが、病変を発見できるかは施行者の技術や経験により差がでます。

この問題点を解決するために、光技術を用いた光超音波マンモグラフィをキヤノン株式会社と共同で研究・開発中です。

光超音波マンモグラフィとは、乳房に光をあてた時に発生する超音波を捉え、画像化する装置のことです。

当科では、痛みや被爆のない低ストレスの乳房検査装置の実用化を目指して臨床研究を行っています。

 

関連記事

  1. トリプルネガティブの治療方法の開発

  2. 化学療法副作用と予防についての研究

  3. インドシアニングリーン(ICG)蛍光法を用いた乳癌におけるセ…

  4. プロジェクションマッピングを応用したリアルナビゲーションシス…

  5. エストロゲン受容体陽性HER2陰性原発乳癌に対するS-1と内…

  6. 高分解能・高感度型乳腺用PETによる乳癌の診断