高分解能・高感度型乳腺用PETによる乳癌の診断

乳房専用に開発されたポジトロン放出断層撮像法(PET)装置を用いて乳癌に多雨する乳腺専用PET装置の有用性を検討しました。

また、乳房専用PET装置の開発として、NEDO(国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)助成開発プロジェクト「悪性腫瘍等治療支援分子イメージング機器の開発(2006年度~2009年度)」の臨床研究に、島津製作所(装置開発)と共に参画し研究を進めてきました。

※参照:https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-22591329/

関連記事

  1. 化学療法副作用と予防についての研究

  2. 光超音波マンモグラフィ(PAM)の開発

  3. インドシアニングリーン(ICG)蛍光法を用いた乳癌におけるセ…

  4. トリプルネガティブの治療方法の開発

  5. エストロゲン受容体陽性HER2陰性原発乳癌に対するS-1と内…

  6. プロジェクションマッピングを応用したリアルナビゲーションシス…